Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

恋活って言葉を使い始めたのはいつからなのだろうか?

恋活って言葉を使い始めたのはいつからなのだろうか?

ダイレクトに顔を合わせる婚活パーティーなどでは、心の準備をしていても固くなってしまいがちですが、婚活アプリだとメールを通じてのおしゃべりから入っていくので、落ち着いて相手とおしゃべりできます。

「最初に異性と会った時、どんな内容の話をすればいいのかわからず心配だ」。合コンに参加する際、ほとんどの人がまず突き当たる壁ですが、どこでも普通に会話がふくらむ重宝するネタがあります。

パートナー探しに役立つ婚活アプリが次から次へとマーケットに提供されていますが、インストールする時は、どういう特徴を持つ婚活アプリが自分に相応しいのかを分析しておかないと、手間もコストも無駄に消費されてしまいます。
2009年に入ったあたりから婚活がはやり始め、2013年頃になると“恋活”という造語を見聞きするようになりましたが、実際には「2つのキーワードの違いが理解できない」と答える人もたくさんいるようです。

結婚相談所と言っても、諸々メリット・デメリットが見られますから、いくつもの結婚相談所を比較して候補を絞り込み、より肌に合いそうな結婚相談所を選ぶようにしないと成功への道は遠のいてしまいます。

格式張ったお見合いだと、若干はピシッとした洋服を用意する必要がありますが、お見合いパーティーについては、少々派手目の服でも気負いなく参加OKなので安心して大丈夫です。

多くの人が利用する婚活パーティーは、異性とより近い位置で話せるので、おすすめしたいとは思いますが、お見合いの場で相手のくわしい情報を判断するのは無理があると言えるでしょう。
恋人にこの人と結婚したいと感じさせるには、ほどよい自立心も必須です。常にそばにいないとさみしいという人だと、お相手もうんざりしてしまいます。

「通常の合コンだといい出会いがない」という方々の参加が多い近年増加中の街コンは、地域ぐるみで恋人作りの場を提供する催事のことで、安心できるイメージが好評です。

離婚を経験した後に再婚をするとなると、後ろめたさを感じたり、再度結婚することへの緊張もあるだろうと思います。「前のパートナーと良い夫婦関係を作れなかったから」と心許なく思ってしまう人も数多くいると言われています。

恋活は結婚という意識がない分、婚活よりも必須条件が大ざっぱなので、単純にファーストインプレッションが気に入った相手と会話したり、SNSでやりとりしたりしてみると良いと思います。

日本人の結婚観は、かなり前から「恋愛結婚こそ至上」というように根付いていて、出会いがなくて結婚情報サービスを利用するのは「恋活の失敗者」などという後ろめたいイメージが定着していました。

街のイベントとして受け入れられてきた「街コン」は、ネットでも話題の行事のひとつです。しかし一方で、「一度は行ってみたいけれど、経験者がいなくて実態が理解できていないので、いまだに踏ん切りがつかない」と尻込みしている方も決してめずらしくありません。

あちこちにある出会い系サイトは、一般的に管理役が存在しないので、マナー知らずの不作法な人も参入できますが、結婚情報サービスの場合、身元がはっきりしている人でないと会員への加入ができないシステムになっております。

街コンと言ったら「異性と出会える場」だと見なしている人が大部分を占めるでしょうが、「パートナーを探すため」ではなく、「幅広い層の人達と語らってみたいからから」という狙いで会場に訪れている人も多々あります。

ネットで十分に調べてから自分に合いそうな婚活サイトを選ぶのが吉

ネットで十分に調べてから自分に合いそうな婚活サイトを選ぶのが吉

バツありはやや事情が特殊なので、凡庸に毎日を過ごすだけでは、理想の再婚相手と出会うのは不可能です。そんな方にオススメなのが、評判のよい婚活サイトです。

お互い初めてという合コンで、良い人と巡り合いたいと希望するなら、注意すべきなのは、これでもかというほどに自分が落ちる基準を高く設定し、出会った相手の士気を低下させることに他なりません。

流行の婚活サイトに登録して利用したいと思っているけど、どこを選ぶのがベストなのか考えがまとまらない状態なら、婚活サイトを比較してまとめているサイトを判断材料にするというのもアリです。

参考: 安心の女性無料婚活サイトランキング~彼氏欲しい女子必見!

合コンという名称は省略された言葉で、本来は「合同コンパ」となります。彼氏または彼女と出会うことを目的に設定される飲ミュニケーションのことで、新たな出会いを求める場という要素が根付いています。

離婚を体験した人が再婚するかもしれないということになれば、体裁を考えたり、結婚自体への怯えもあるはずです。「以前失敗したから」と尻込みしてしまう方もめずらしくないとよく耳にします。

形式通りのお見合いの場だと、少しばかりよそ行きの服を揃える必要が出てきますが、気軽なお見合いパーティーなら、ちょっとだけスタイリッシュな服でも気負いなく参戦できるので気軽だと言えます。

多くの結婚情報サービス提供企業が、あらかじめ身分を証明する書類の提出を要求しており、そこから得た情報は会員限定で公開されています。そしてコンタクトをとりたいと思った相手を絞って自分をアピールするためのデータを送ります。
昨今注目されている街コンとは、自治体規模で行われる大規模な合コンと解されており、目下行われている街コンを見てみると、こぢんまりとしたものでも40~50名、特別なイベントにはなんと5000名くらいの人々が集合します。
いろいろなお見合いパーティーを、口コミ評価の結果をもとにランキング形式でご覧に入れます。パーティー参加者の現実の口コミも見れますので、お見合いパーティーの真の姿を確認することができます。

インターネットサイトでも何度も特集されている街コンは、あっと言う間に全国各地に拡散し、市町村の発展に役立つイベントとしても慣習になっているのがわかります。

結婚する相手を見つけるために、独身の人が利用する催しとして有名なのが「婚活パーティー」です。今はバリエーション豊かな婚活パーティーが都市部・地方部にかかわらず華々しく開催されており、その人気ゆえに婚活サイトも増加しています。

ランキングで評価されている安心できる結婚相談所であれば、ただただパートナーを探してくれるほか、プラスアルファでデートの基礎知識や知っておきたいテーブルマナーなどもやさしくアドバイスしてくれたりと充実しています。
ここ数年は、夫婦の約25%がバツあり婚であると噂されていますが、実際にはパートナーを見つけて再婚するのは大変だと気後れしている人も少数派ではないでしょう。

街コンの中には、「同性2人組での参加が条件」等と記されていることが頻繁にあります。そういった企画は、自分だけでの参加はできない仕組みになっています。

あなた自身は婚活のつもりでも、仲良くなった相手が恋活のつもりだったなら、恋人同士にはなれても、結婚というキーワードが出るとすぐに別れを告げられたというつらい結末になることも考えられます。

費用だけで考えると後で後悔するのが婚活と言う生き物

費用だけで考えると後で後悔するのが婚活と言う生き物

自分の中では、「結婚するなんてまだまだ先のこと」と思っていたのに、友人の結婚などをきっかけに「やっぱり結婚したい」と検討し始める方というのは結構な割合を占めています。

自分の目指す結婚を実現したいなら、自分に合った結婚相談所を選ぶことが肝になってくるでしょう。ランキングで上位に位置する結婚相談所と契約して積極的に動けば、目標達成の可能性はアップするのではないでしょうか。

広く普及している合コンという呼び名は省略されたキーワードで、正確には「合同コンパ」なのです。これまで会ったことのない異性と巡り会うために企画・開催される宴会のことで、恋人探しの場という要素が明確に出ています。

恋活と婚活は一緒くたにされがちですが、別々のものです。まずは恋愛からと思っている人が婚活重視の活動をしている、逆パターンで結婚したい人が恋活を対象とした活動ばかりに終始しているなど目的と手段が異なっていれば、遠回りしてしまう可能性があります。
婚活アプリの特長は、何と言いましても時間や場所を問わず婚活相手探しができる点にあります。要されるものはインターネット通信ができる環境と、スマホ・パソコンなどの通信設備のみという手軽さです。

どんなにあなたが早々に結婚したいと思っていても、肝心の相手が結婚することに興味がないと、結婚を想像させるものを口にするのでさえためらってしまうという様な事も多いでしょう。

かなりの結婚情報サービス業者が、会員に身分の証明を入会条件としており、データは会員しか見られないシステムになっています。そうして理想に近い異性にのみ必要な情報を明かにします。

このウェブサイトでは、リアルに結婚相談所を活用した方々の評価にしたがって、どの結婚相談所がどのような点において高評価を得ているのかを、ランキングスタイルで公表しております。

婚活パーティーの趣旨は、限られた時間と空間で将来の伴侶候補を見分ける点にあるので、「できるだけたくさんの異性と対談することを目的とした場」と割り切った企画がほとんどです。

世代を問わず愛用されている婚活アプリは、ネットを駆使した婚活の中でも、相手とのマッチングなどを行える「アプリケーション」を実装したツールのことです。ハイクオリティで高い安全性を誇っているため、初心者でも安心して使うことが可能となっています。

「自分はどんな外見・性格の異性との巡り会いを切望しているのであろうか?」というビジョンをクリアにしてから、いろいろな結婚相談所を比較することが成功につながるコツとなります。

経費の面だけでさらっと婚活サイトを比較すると、後で悔やむことが多々あります。パートナーを探す方法やどのくらいの人が利用しているかなども必ず調査してからセレクトするのが失敗しないコツです。

恋活する人の過半数が「結婚で結ばれるのは厄介だけど、恋愛関係になって愛する人と共に生活したい」いう願望を抱いているらしいです。

本当の思いは易々とは変えることは難しいかもしれませんが、かすかにでも再婚を望むという考えがあるのなら、ひとまず誰かとお知り合いになることを意識してみるのもよいでしょう。

格式張ったお見合いだと、幾ばくかはよそ行きの服を用意しなければいけませんが、お見合いパーティーについては、わずかにおしゃれに決めた洋服でも支障なく参加OKなので不安に思うことはありません。

デートスポットまで教えてもらうなんて仲人ってどうなんだろうか

デートスポットまで教えてもらうなんて仲人ってどうなんだろうか

合コンに参加したわけは、言うに及ばず恋人作りのための「恋活」が大多数で1位という結果。ところが実際には、友達作りが目的という趣旨の人も思った以上に多いと聞きます。

再婚かどうかに関係なく、恋に臆病になっていると将来のパートナーとの出会いを期待するのは厳しいと言えます。また離婚を経験した人は自分から行動しないと、心惹かれる相手とは巡り会えません。

婚活の手法はバリエーション豊かですが、定番なのが定期的に開催される婚活パーティーです。ところが、自分には参加が困難だと躊躇している人も多く、まだパーティーは未体験との声もあがっているようです。

かねてより結婚仲介業を行ってきた結婚相談所と近年利用者が増えてきている結婚情報サービスは、似たり寄ったりのことを行っているような印象がありますが、内情は全然違っています。このウェブページでは、2つの明確な違いについてご紹介しています。
結婚相談所を選ぶ時にヘマをしないためにも、まず結婚相談所を比較してみるのが成功への近道です。結婚相談所の利用は、高級な家電や車を買うということと同じで、失敗は禁物です。

たいていの場合合コンは乾杯がスタートの合図で、それから自己紹介が始まります。合コンの中でも最もストレスを感じやすいところですが、無事に終えれば次からは会話を楽しんだり、ゲームタイムを取り入れたりして活気づくので安心してください。
「精一杯打ち込んでいるのに、なんですばらしい人に遭遇しないのだろう?」と傷心の日々を送っていませんか?婚活ストレスにならないためにも、最新の婚活アプリを使った婚活をしてみましょう。

ランキング上位の優秀な結婚相談所では、単に相手を紹介してくれるだけに終わらず、オススメのデートスポットや食事やお酒を飲む時のマナーなども手ほどきしてくれたりと充実しています。

街コンをリサーチしてみると、「2人1組での参加が条件」等と規定されていることもあるかと思います。そういう条件が設けられている場合は、お一人様での参加は不可となっています。
初婚と違って再婚する場合、世間体をはばかったり、結婚への気後れもあることでしょう。「一度目の結婚でうまくいかなかったから」と躊躇してしまう方達も予想以上に多いのです。

メディアでもよく話題になる恋活は、好きな人と恋人になるための行動を起こすことです。良い出会いを体験したい人や、今すぐ恋人をゲットしたいと希望する人は、恋活をスタートしてみませんか。

男性がそろそろ彼女と結婚したいと願うようになるのは、何と言っても人間的な面で感服させられたり、人やものに対する感じ方などに似ているポイントを見い出すことができた瞬間なのです。

結婚相談所を比較してみた時に、成婚率の数値に目を見張った人は少なくないでしょう。ところがどっこい成婚率の出し方に明確な定義はなく、会社によって計算の流れが異なるので、その点には認識しておくべきです。
それまでは、「結婚で悩むなんて何年か先の話」と思っていたはずが、親友の結婚式が起爆剤となり「そろそろ結婚したい」と検討し始めるといった方は割と多いのです。
「結婚したいと望む人」と「交際したい人」。普通なら両者は同じのはずですが、真の気持ちを考えてみると、少々差があったりしませんか?

高い費用出して結婚相談所に入るならサポートの手厚さを重視すべき

高い費用出して結婚相談所に入るならサポートの手厚さを重視すべき

自分自身では、「結婚式を挙げるなんてまだまだ先のこと」と構えていたのに、同僚の結婚をきっかけに「そろそろ結婚したい」と検討し始める人は結構存在します。

恋活と婚活は一見似た響きはありますが、目標に違いがあります。結婚はまだいいけど、恋人は欲しいという人が婚活向けイベント等の活動をしている、反対のケースで結婚したい人が恋活目的の活動に頑張っているとなると、うまく行くものもうまく行きません。

ここ数年注目を集めている結婚情報サービスは、一定の条件を選択することで、サービスを利用している多くの候補者の中から、相性が良さそうな方をサーチして、直々にやりとりするか結婚アドバイザーを介して出会いのきっかけを作るものです。
このページでは、女性から高く評価されている結婚相談所の数々を、ランキングにしてご披露しております。「遠い遠い未来の夢のような結婚」ではなく、「リアルな結婚」への道を歩いて行きましょう!

通例として合コンは乾杯で一度盛り上げてから、次に自己紹介という流れになります。この自己紹介が一番の鬼門と言えますが、自己紹介が終われば、気が楽になってトークやゲーム、ちょっとしたイベントなどでにぎやかになるのであまり悩まないようにしましょう。

恋活を始めた方々の半数以上が「本格的に結婚するのは憂うつだけど、恋愛をしながら大事な人と穏やかに生活したい」と希望しているそうです。
複数ある結婚相談所を比較する場合に確認しておきたいファクターは、コストや登録人数などたくさんあると言えますが、なかんずく「サポート体制の違い」が最も大事になる部分です。
面と向かって会話する婚活イベントなどでは、どうしようもなくビクビクしてしまうことが多いのですが、婚活アプリを使えばメールを利用した交流から進めていくので、気楽に話せるところが魅力です。

街コンと言ったら「縁結びの場」であると思う人達が割と多いみたいですが、「恋活のため」でなく、「多くの人達とコミュニケーションが取りたいから」という考え方をして気軽に利用する人も稀ではありません。
近頃の婚活パーティーは、男の人が若い女の人と出会うきっかけを探している場合や、独身女性が一流の男性とお近づきになりたい場合に、着実に知り合えるところだと考えられます。

ご自分の思いは簡単には変えることは不可能ですが、わずかでも再婚を望むという思いを持っているなら、まずは誰かと知り合うことから始めてみてはいかがでしょうか。
出会いを目的とした婚活アプリが後から後から市場提供されていますが、本当に使うという際には、どこの会社の婚活アプリが自分にぴったり合うのかを把握していないと、多額の経費が無駄にすることになります。

婚活パーティーでたくさん会話できても、早々にパートナーになれる可能性は低いものです。「お嫌でなければ、次は二人でお茶を飲みにいきませんか」程度の、ざっくりした約束のみで帰宅の途につくケースが大半です。

離婚の後に再婚をするという様な場合、周囲の反応を気にしたり、結婚そのものへの不安もあるのが普通です。「前のパートナーと良い家庭を築けなかったから」と気弱になってしまう人も少なくないと噂されています。

婚活サイトを比較する時の基本として、サービス利用料のあるなしをチェックすることもあるに違いありません。ほとんどの場合、サービス料が必要なサイトの方が料金をかけるだけあって、精力的に婚活しようとする人がたくさんいます。

出会いはどこにあるか分からない

仕事に趣味に充実した日々を送っていたので、結婚は考えていませんでした。長く付き合っていた彼氏と別れたのをきっかけに、結婚を意識するようになりました。

いきなり結婚相談所というのも何となくハードルが高かったので、ネットで婚活アプリを使い始めました。

ネットで婚活というと今の時代でも、怪しい人やモテない人しかいないのかなと最初は不安でしたが、そう感じたら会うのは絶対にやめようと決めて婚活をスタートさせました。使い始めたら最初に感じた不安は無くなり、普通に結婚を考えている男女が登録してるのだという実感に変わりました。日常生活の中で異性と出会うチャンスが無ければ、こういった婚活は合理的且つ結婚への近道です。

私は年下の彼と出会いました。メールのやり取りを重ねて真面目でこの人なら大丈夫と確信を持てたところで、実際に会いました。価値観や考え方が似ていて、最初のデートから気が合いお互いに好意を持ったのを感じることが出来ました。

そこから1年くらい付き合ってプロポーズされました。婚活を始めた頃に他の男性にも会ったことはありましたが、やはり彼がよかったですね。ピンと来るというのはこういうことなのかと身を持って感じ、今は幸せです。

婚活サイトには・・・正直アタリがいなかった

世間でいう結婚適齢期と言われる年齢になり、親や親せきにも結婚を急かされるようになったこの頃。

結婚願望も人並みにありますが、なかなか日常に出会いがなく、好きな人もいない私は、ネット婚活をしてみることに。

サイトは女性が無料だったので気軽に始められました。

男性は有料でしたが、有料だからこそ遊び半分の方はいないだろうと思い、真面目にやってみようと改めて気合いを入れました。

さっそくいろんな男性のプロフィールを読み、気になる男性がいないか探し始めたのですが・・・。

なんだか、年齢層がずいぶん高い気がしました・・・。

年上の方は嫌いじゃない、むしろ好きなのですが、なんだか自分の親世代に近いのではないかというような方ばかりで・・・。

真面目に考えていらっしゃる方ばかりなのはとてもいいのですが、結婚生活というよりも自分の老後、親の介護をメインに考えているかのようなプロフィールだったりしてちょっとげんなり。

私はまだ20代だし、年を重ねた後のことももちろん大事ですが、結婚生活にだって夢を見たい。

なんとか見つけた30代の男性は、将来子供がほしいというのはいいのだけれど、年収が200万円台だとか。

お金持ちを見つけたいわけじゃないけれど、その年収で子供が3人欲しいとか何言ってるんだろう、みたいな。

専業主婦になりたいわけじゃないけれど、働きながら子育てって想像より大変だと思うんだけど、みたいな。

それでもなんとか条件が合いそうな男性を見つけてはメールをしたりしましたが、どうにも話が合わなかったり、妙な自慢話をひけらかしてきたりと、言い方は悪いですがハズレばかり。

3ヶ月ほど利用してみましたが全く成果がなかったので、婚活サイトを退会。

今は「やっぱり実際に顔を合わせたりしなきゃダメかも」と思い、婚活パーティーに行ってみようかなと考えているところです。

大遠距離恋愛と彼の裏切り

私が英会話講師をするイギリス人の彼と出会ったのは、地元のバーのイベントでした。すぐに意気投合した私たちは、出会った次の日にはお付き合いすることに。アウトドア派の彼とは、夏は海やキャンプに行ったり、冬はスノボに行ったり、とっても楽しい時間を過ごしました。

出会ってから約2年後、英会話教室との契約も満了し、もう一を学生になり、大学院に行きたい、という彼はイギリスに帰ることに。そしてその後1年の遠距離恋愛が始まります。イギリスと日本は10時間の時差があり、朝昼が真逆のため、電話するにもどちらかが早起きするか、遅くまで起きているかで、時間を調整するのが大変でした。そんなこともあり、電話の回数もだんだん減っていきました。彼が夏休みの時、一度日本に遊びに来てくれて、久しぶりの再会を楽しんだ後、彼からイギリスに来ないか、という提案が。それまで一度もイギリスに行ったこともないし、長期で行くとなると、仕事も辞めなくてはいけないため、迷いましたが、きっとどこかに「結婚」という期待も会ったのだと思います、彼のことは大好きだし、彼の実家のあるマンチェスター郊外の小さな町で、彼の実家に居候することになりました。

彼のご両親もとてもいい人たちで、私が来るのを大歓迎してくれました。お母さんは自分がエアロビに行くときに一緒に誘ってくれたり、お父さんはイギリスの伝統料理を作ってくれたりしました。家族の一員のように、親戚やご近所の人たちにも紹介してくれました。

イギリス滞在も2か月に差し掛かった頃、彼から話がある、と言われ。何かと思うと、突然、「ミリタリーに入ろうと思う」と言うのです。私としては、彼がイギリスに来ないか、と言ったのは、私との将来を考えてのことだと思っていたので(まあ、それを彼に確認したわけではないですが)、ミリタリーに入ったら、まず最初の1年くらいはトレーニングで○○へ行くから、たぶん会えないと思う、そのあとは、、、と彼が話す未来に、私が登場しないことに気づきました。

仕事も辞め、イギリスに来た私。彼が好きで、勝手な期待を膨らませ過ぎたのかもしれませんが、その後日本に帰り、自然消滅のように彼との関係は終わりました。

ちゃんと最初から、お見合いと言いましょう

お見合いの話を持ってきて下さる方がいらっしゃいます。
婚活中の人達には、とてもありがたく、嬉しい話ですが、中には、
「いきなりお見合いと言うと、引いちゃうといけないから、初めのうちは内緒にしましょう」などと、余計(?)な気を回す方がいらっしゃいます。

私は、これは余計な気遣いだと思います。
最初から、これは見合いだ、とハッキリ言って欲しいのです。
出来ればお見合いの前に、顔写真や、プロフィールは教えていて欲しいです。

もしそれで断るようなら、その人は婚活自体をしていないか、自分で何とかするつもりなのです。
私の叔母が昔、私にお見合いを持ってきた事がありました。

でも、これは見合いだ、というのを最後まで私には教えてくれませんでした。

ただ、みんなでご飯を食べよう、とだけしか聞いていなかった私は、会社がひけて、制服のまま、化粧直しもせず、バタバタと待ち合わせ場所に行きました。
「偶然店の前で会ったから連れてきた」男性が一緒にいましたが、私は、ろくすっぽその人の顔も見ずに、
「あ、ドーモー」くらいの挨拶で、目線はレストランのメニューに行ってしまい、
「ねえ叔母さん、ここ高いよ。本当にここで食事するの?いつもの店でいいじゃん」
なんて小声でボソボソいう始末。

しかも、テーブルが小さめなので、私の向かいに座っている彼にも、この会話はバッチリ聞こえていました。
食事中も、
「あなたは、高校では調理科を出ているから、料理はお手のものなのよ、ねっ?」と、叔母さんが私に話しかけました。私は、
「確かに調理科は出たけど、だからと言って料理上手とは限らないわ。私、自分で作った料理で、食あたりしたことあるもん」などと答えてしまいました。

そして、食事が終わり、彼が、
「それじゃ、僕はこれで」と、帰って行きました。
その時初めて、叔母さんが私に、
「ねえ、今の人どう?実はお見合いだったのよ」と言いました。

「えーっ?お見合い?何で前もって言ってくれなかったのー!」私は、情けない声をあげました。
「まあ、言わずに連れてきた方が、自然なあなたを彼に見せてあげられる、と思ったんだけどねえ」
叔母さんは、ちょっと困ったように笑いました。

結果は残念ながら、バツでした。

中学生いいかげんな恋愛

私が中学生の頃、初めて好きな人ができました。
はじめは同じクラスになって、うるさい人だなと思うくらいで、好きという感情はありませんでした。
ある授業で席が隣同士になり、それから話すようになりました。
彼はサッカーが好きで、中学のサッカー部には所属せず、地元のクラブチームに入っていました。
学校が終わると練習へ行き、休みの日にはトレーニングセンターへ通っていました。
サッカーの話になると、凄くイキイキしていて、そんな彼をみていると好きという感情が芽生えてきました。
当時は中学生だとまだ携帯電話を持っている人が少なく、気持ちを伝えるために手紙を書く事が当たり前でした。
私も彼に手紙を書いて下校する前に渡しました。
「好きな人いますか?」
今おもえば、自分が好きな事バレバレですね。
手紙を渡してから、返事かえってくるかな?嫌われたらどうしようと不安になりました。
次の日、彼から手紙を渡されました。
「好きな子いるよ!」
私は正直嬉しい反面、私じゃない子だったら?と悩むようになりました。
彼は明るい性格で、学校では人気者が集まるグループの中にいて、まわりでも彼の事を好きな女の子が何人かいました。
学校行事の球技大会が近くなり、男の子達は休み時間にサッカーの練習をするようになりました。
彼と話す時間がなくなってさみしかったけど、グラウンドでサッカーをしている姿がみれて嬉しかったです。
体育の授業でも球技大会の為にサッカーがはじまりました。
球技は得意です。しかし、サッカーだけは例外で、ボールを蹴ろうとすれば転びそうになります。
そんな私をみて、彼がサッカーを教えてくれるようになりました。
その時だけはサッカーが苦手で良かったと思いました。
球技大会当日、女の子チームは初戦負け、男の子チームは決勝戦まで残りました。
私は友達と一緒に応援しました。
相手チームの蹴った強いボールが飛んできて、あと少しでぶつかりそうになり、ビックリしていた私達に彼が
「大丈夫?ぶつかってない?」
そしてボールを蹴った相手に
「危ないだろ!!どこ蹴ってんだよ!!」と注意してくれました
結局試合は負けてしまって準優勝でしたが、私は彼の事がもっと好きになりました。
そしてめでたく彼と両思いになりました。
けれど付き合った訳ではありません。
まだ中学生で付き合うという事がわからなかった私には、両思いになっただけで充分でした。
夏休みになり手紙が渡せない日が続きました。休みがあけてみると両思いだったはずなのに彼には彼女ができていました。私はかなしかったけど彼と付き合っていた訳ではないので何も言えませんでした。